監督

マイケル・グレイシー

キャスト

  • ヒュー・ジャックマン(レ・ミゼラブル)
  • ミシェル・ウィリアムズ(マンチェスター・バイ・ザ・シー)
  • ザック・エフロン(ハイスクール・ミュージカル)

あらすじ

小さいころから貧しくも夢想家のバーナムは、良家の令嬢チャリティと結婚。ニューヨークでつましい暮らしを始めて娘たちも生まれるが、バーナムは仕事が長続きせず、貿易会社に就職しても、会社の貿易船が沈没してしまい倒産、社員全員が解雇される。しかし彼は沈没した船の登録証を持ち出し、それを担保に銀行から資金を借り、世界中のあらゆる奇妙なものを展示した「バーナム博物館」をオープンさせる。だが客足はかんばしくなかった。

そんなとき、彼は娘のある一言をきっかけにショービジネスの道へと進む。小人症の男、大男、髭の濃い女、全身刺青の男、結合双生児の兄弟など、世間から隠れるようにして生きていた様々な人を集め、いわゆるフリーク・ショーのサーカスを始めたのだ…(wikipedia より)

感想

この作品は、二つの作品を下敷きにしている。


一本目は直接的なアレで、二本目は今回のテーマでもある「フリークス(奇形)」だ。
まあ、その辺についてはいろいろと検索して頂ければ分かるとして、サーカスは、ある時代まで、見世物小屋と同義だったのは史実的に正しいようだ。

この映画、一言で言うと、映画としては0点だ。ストーリーはご都合主義の上に説明不足で酷い。しかし、エンターテインメントとしてみれば十分すぎるほど楽しい。そういう話だ。

ある時代まで、見世物小屋というものは確かに存在していて、エンターテインメントとして定着していたようだ。それは極めて悪趣味ではあるが、ともかくそういう風習がきちっとあったらしい。

ところで、フリークスは、コンプレックスをさらけ出すことではじめて満足感を得るわけだが、ここは難しいところである。見世物にされずとも生きられる時代というのは、まだ遥かに先立ったからだ。本来なら、見世物ではなく一人の人間として人生を生きられたかもしれない人たちではあるけれど、それでも彼らはいきいきと輝いてみえる。

その輝きというのは、「私ブスだから」と言ってきらびやかなスタジオで笑いを取る日本の芸人さんにも少し通じる。
夜明けはまだ先なのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。